メニューホーム

ラブラドールレトリバーといっしょに暮らそう! - 子犬の分譲販売・交配:ブリーダー

Graceful landグレイスフルランド

武蔵様と子犬monetお手紙16

このたびmonet(5才)は、ついに富士山3776mに登頂しました。1才から登山に同行し始め、毎年2000m級の山には、何度も登っており、山小屋やテントでも馴れたものです。昨年から準備を始め、今年は鳥海山2236m、早池峰1917m、栗駒山、南蔵王で長時間登山のトレーニングを経て・・・・ 混雑を避けて9月の閉山後の天候待ちしていましたが、先週、やっと天候に恵まれ・・・・ アタックしました。

武蔵monetちゃん(英国ラブラドール・レトリバー子犬)
2008年5月3日生
父犬ソロモン × 母犬マドレーヌ
image
いよいよスタート
image
monet は、足を傷つけない靴を履いて登山
image
がんばれmonet
image
強い信頼で結ばれて
image
monetは岩場もなんのその
image
信頼で結ばれた武蔵さんとmonet
image
富士山のご来光
image
富士山頂から下界を見下ろす、moneto
グレイスフルランド 様
ご無沙汰しております。  9/22 monet(5才)は、ついに富士山3776mに登頂しました。1才から登山に同行し始め、毎年2000m級の山には、何度も登っており、山小屋やテントでも 馴れたものです。   昨年から準備を始め、今年は鳥海山2236m、早池峰1917m、栗駒山、南蔵王で 長時間登山のトレーニングを経て・・・・ 混雑を避けて9月の閉山後の天候待ちしていましたが 先週、やっと天候に恵まれ・・・・ アタックしました。 
朝、5時から登り始め、登り5時間20分、下りは3時間15分  monetは、心配していた高山病にもかからず、無事に登頂しました。   さすがに3000m以上では、酸素が平地の60%で休憩すると立ち上げれずに 居たので、きつかったようです。   下りは、火山灰とガラス成分の岩で足を切るので災害救助犬用の ブーツを履かせたのが幸いし、下山後はゴム底が磨耗して穴が開く寸前でした。
登山者は、みんな珍しがってmonetと記念写真・・・ 美人山ガールに・・・ monetは、すりすりしてました(飼い主の気持ちが移ったようで・・・    私は、初冬に何度か登っていますが、monetの高山病を心配して、 もし、かかったら、直に登山を中止して高度を下げることにし 携帯酸素は持たずに、ザック軽量化に勤めました。   monetが動けなくなった時はダウンジャケットに包み、 背負ってでも必ず生きて降ろす。そんな覚悟で富士登山に望みました。幸い、monetも頑張って登ってくれたので・・・ また夢が一つ叶いました。

・・・・ monetは、最高のパートナーです ・・・・ 
武蔵 孝

&



犬舎オーナー紹介

オーナー/桜井昭生桜井昭生

永年の盲導犬育成で築いた豊富な経験と知識を活かして、愛犬家の皆様に癒しを与えてくれる調和の取れたラブラドール・レトリバーの子犬をご紹介したいと考えこの度、英国ラブラドール・レトリバー専門のグレイスフルランド犬舎をオープンしました。

子犬の素質を活かすためラブラドールの子犬、またラブラドール以外の犬のしつけやトレーニングのご相談も承っています。グレイスフルランドはラブラドールファンの皆様と共に歩んでいただきたいと願っています。

桜井経歴紹介
  • 英国Midland Labrador Retriever Club会員
  • 桜井ドッグスクール代表
  • 九州補助犬協会 副理事長
  • 元盲導犬協会所長
グレイスフルランドの理想と3つの約束
  1. 英国ブランドの血統
  2. 家庭犬として優れた両親犬
  3. 健康、良心的価格、アフターケア

犬舎からのお知らせ

  • new塩野ジジちゃんのお手紙28♪福岡県の平重様は、英国ラブラドールレトリバーの子犬を家族に迎えられました。平重様は、子犬に名前を「マシュー」と名付けられ楽しく暮らしておられます。このたび平重様....
  • new馬場アリスちゃんのお手紙4♪鹿児島県の馬場様は、英国ラブラドールレトリバー母犬ガーネットと父犬ソロモンの子犬を家族に迎えられました。馬場様は、子犬に名前を「アリス」と名付けられ楽しく暮らし....
  • new池田ベンジャミンのお手紙13♪英国ラブラドールレトリバーの母犬ノエル×父犬ソロモンの子犬を家族に迎えられ長崎の池田様は、子犬を「ベンジャミン」と名付けられました。家族の一員として楽しく暮らし....
  • 土屋マナスル(カルロ&ルカ)のお手紙1♪福岡県の土屋様は、英国ラブラドールレトリバーの《マナスル》を家族に迎えられました。マナスルは、6歳で土屋様とのご縁で家族に迎えられました。土屋様は、《マナスル》....