メニューホーム

ラブラドールレトリバーといっしょに暮らそう! - 子犬の分譲販売・交配:ブリーダー

Graceful landグレイスフルランド

家族の絆♪浅川ハッピー

英国ラブラドールのエメラルド母さんの子犬を家族に迎えられた浅川様は、子犬を「ハッピー」と名付けられました。浅川様の家族の一員として幸せに楽しく暮らしているそうです。浅川様お手紙ありがとうございました。

浅川ハッピーくん(英国ラブラドール・レトリバー子犬)
2010年12月10日生
母犬エメラルド × 父犬蔵(くら)

image
ハッピーを迎えた日のお母さん♪
image
待つ~♪ (お父さん&ハッピー)
image
おやつください~、ハーイおりこうさん♪ (お父さん&ハッピー)
image
でか~♪
image
でぶちん二人♪

グレイスフルランド桜井様 スタッフの皆様&

大変ご無沙汰しております。&

母が亡くなり、10か月が経とうとしております。ハッピーと父との二人暮らしは母の入院から始まり、1年が過ぎました。両親の生活はハッピーを中心に回っていたようで、入院中も、話題はハッピーの事ばかりだったようです。今、読み返しても、母からのメールは、父とハッピーの事が多く、父が毎日お見舞いに来て前日、ハッピーのお散歩であったことやなんかをひとしきりしゃべって、『おっと、坊ちゃんが待ってるからね』と、坊ちゃんのご飯作りとお散歩の為、2時半には帰って行ったようです。

病院では、毎日1時にやって来て2時半に帰る旦那さん『1時の男』と呼ばれていたそうです。とても不思議なことが2つ起きていたのでお知らせようと思いつつ・・・、母が亡くなる3日前、もう反応がほとんどない状態で、いろいろ話しかけていたのですが、唯一反応があったのは、『お父さんひとりでハッピーの世話は大変だから早くお家に帰ろうね!!ハッピーが待っとうよ!!』と言うと、頷いていました。

ハッピーをお迎えするときに、『先に私たちが死んだらどうするとね!?』と言っていたのもあり、本当に心配だったのだろうなと思いました。母は、10月13日の午前2時40分に息を引き取ったのですが、私達家族は病院にいて、ハッピーはお家で留守番させていたのですが、2時半くらいから3時位まで、ハッピーがひどく吠えたそうで、その鳴き方は尋常でなかったそうです。 この事は、後日ご近所の方たちから聞きました。

あまりに鳴くので裏の方が見に来て下さったようで、部屋の中に居るようだったから・・・と。おととし、父が倒れたので、またどうかしたんじゃないの?って、みなさん心配されたそうです。そのころ母が亡くなったことを伝えると、みなさん本当にびっくりして。&

ハッピーにはわかっていたのでしょうか?

母が会いにきていたのでしょうか?

こんな不思議な事があるだなんて・・・。&

今まで愛犬を見送ることはあっても、飼い主が先に逝くことは初めての経験でしたので、本当に不思議な感じでした。 もうすぐお盆です。ハッピーには、母が帰ってくるのがわかるのでしょうか?少し楽しみです。 
さて、ハッピーと父のふたりですが、毎日規則正しく生活しております。なのにどんどん太って、ただいま51キロと、かなりのビッグサイズです。病院では、ハッピーちゃんは超大型犬ですよ、と言われました。

ハッピーが居てくれるおかげで父は毎日を過ごせていると思います。11月で80歳になる父ですが、お散歩もほぼ毎日行っています。(週2回、私が帰るので時々交代しますが)ハッピーの食事の準備は2時半から作り始め、お肉とお野菜をボイルして・・・。冷蔵庫の中は、八ッピーの物ばかりで。2週間に1度、ハッピーの馬肉を買いに行く為、車の運転もしています。

ハッピーが居なければ外に出る事や人としゃべることも無いでしょう。

みなさん言ってくださいます、『ハッピーがいてよかってね!!』って。&

父は原因不明の突然のふらつきで、何かにつかまらなくてはいけない時もあり、その時はハッピーが支えてくれているそうです。そのための体重アップでしょうか?父にとっては心強い介助犬(!?)です。立ち入り禁止のキッチンにのそ~っと入って来ては、自分のご飯の出来上がり具合をチェックしてみたり、『どこまで来とうとや~?』 と、父から言われてのそ~っと戻っていったり。時々、父に刺激をあたえ、ボケ防止につとめてくれています。&

これから先、色々とご相談させていただくことが多くなってくるかと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。&

矢口由美



犬舎オーナー紹介

オーナー/桜井昭生桜井昭生

永年の盲導犬育成で築いた豊富な経験と知識を活かして、愛犬家の皆様に癒しを与えてくれる調和の取れたラブラドール・レトリバーの子犬をご紹介したいと考えこの度、英国ラブラドール・レトリバー専門のグレイスフルランド犬舎をオープンしました。

子犬の素質を活かすためラブラドールの子犬、またラブラドール以外の犬のしつけやトレーニングのご相談も承っています。グレイスフルランドはラブラドールファンの皆様と共に歩んでいただきたいと願っています。

桜井経歴紹介
  • 英国Midland Labrador Retriever Club会員
  • 桜井ドッグスクール代表
  • 九州補助犬協会 副理事長
  • 元盲導犬協会所長
グレイスフルランドの理想と3つの約束
  1. 英国ブランドの血統
  2. 家庭犬として優れた両親犬
  3. 健康、良心的価格、アフターケア

犬舎からのお知らせ

  • new馬場アリスちゃんのお手紙3♪鹿児島県の馬場様は、英国ラブラドールレトリバー母犬ガーネットと父犬ソロモンの子犬を家族に迎えられました。馬場様は、子犬に名前を「アリス」と名付けられ楽しく暮らし....
  • new吉田ピースくんのお手紙17♪英国ラブラドールレトリバーの子犬を家族に迎えられた東京の吉田様は、子犬を「ピース」と名付けられました。このたび吉田様からお便りをいただきました。吉田様は家族の一....
  • new品田めいちゃんお手紙5♪英国ラブラドールレトリバーの母犬ベローナと父犬マナスルの子犬を家族に迎えられた東京の品田様からお手紙とお写真を送っていただきました。品田様は、子犬を「めい」と名....
  • new平井福丸くんのお手紙4♪英国ラブラドールレトリバーのクレア母さんの子犬を家族に迎えられた新潟の平井様からお手紙とお写真を送っていただきました。平井様は、子犬を「福丸」君と名付けられまし....