メニューホーム

ラブラドールレトリバーといっしょに暮らそう! - 子犬の分譲販売・交配:ブリーダー

Graceful landグレイスフルランド

相馬様と子犬ゆめのお手紙

英国ラブラドール・レトリバーの子犬を、家族に迎えられた相馬様から、お便りをいただきました。相馬様は子犬の名前を「ゆめ」と名付けられました。相馬様の家族として北海道で幸せに暮らしています。

相馬ゆめちゃん(英国ラブラドール・レトリバー子犬)
2008年1月3日生
父犬フランク × 母犬マリ
image

ご無沙汰しております。
先ほどはお電話ありがとうございました。 
お元気なお声を聞けまして嬉しく思いました。
お電話でもお話しましたがゆめは毎日自然の中でのびのび過ごしております。
アイスバーンの道も上手に歩いています。
雪が降るまでは毎日7.2Kのコースで足腰を鍛え雪が積もった今は
何とか4K~5Kを目標に努力しています。
おかげ様でしっかり筋肉がついて身を軽くこなすおてんば娘です。
こちらは暮れから雪がずいぶん降りまして飛行機の欠航もありました。
昨年の2月小春日和の福岡を飛び立ったゆめが千歳の上空で足止めされた事を
思い出しました。
image
新雪を泳ぐゆめを撮りましたので添付いたします。
昨年の今頃はちっちゃな赤ちゃんだったゆめが一年後にはこんなに
立派になって大自然を相手にヤンチャを発揮するまでに成長しました。
長い冬が明けたらまた楽しい北国の春夏秋冬の始まりです♪
年齢を重ねる毎に楽しみ方も広がってくるでしょう。
シニアのひなたんとの生活に一抹の不安を抱えて過ごしていた一昨年の秋
あれこれずいぶん時間を掛けてラブラドール関係のHPを検索してはため息を
付いてた私が初めて‘問い合わせ’のメールをする気になりキーボードを叩いたのが
グレイスフルランドでした。
そこから桜井様もご存知の様に不思議な糸がつながっていました。
ゆめがいただいた名前はAngelです。
千歳の上空で何時間も過ごしやっと地上に降りてきた天使でした。
この天使がたくさんのHappyを我が家に運んで来てくれました(笑)
これからも私たち家族に笑顔と安らぎを与えてくれる天使でいてくれることでしょう。
image
ピンクのリボンの子と赤いリボンの子・・・
女の子は二頭だけでした。
お電話で「赤いリボンの子はいかがですか?」とお言葉を受けて
「はい。では赤いリボンの子でお願いします。」と答えたあの瞬間を今も
はっきり覚えています。
我が家に来るべきして来てくれたと感じ一層ゆめが可愛く思うのです。
では長くなりましたが新雪で遊ぶゆめをご覧下さい。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
ゆめまま



犬舎オーナー紹介

オーナー/桜井昭生桜井昭生

永年の盲導犬育成で築いた豊富な経験と知識を活かして、愛犬家の皆様に癒しを与えてくれる調和の取れたラブラドール・レトリバーの子犬をご紹介したいと考えこの度、英国ラブラドール・レトリバー専門のグレイスフルランド犬舎をオープンしました。

子犬の素質を活かすためラブラドールの子犬、またラブラドール以外の犬のしつけやトレーニングのご相談も承っています。グレイスフルランドはラブラドールファンの皆様と共に歩んでいただきたいと願っています。

桜井経歴紹介
  • 英国Midland Labrador Retriever Club会員
  • 桜井ドッグスクール代表
  • 九州補助犬協会 副理事長
  • 元盲導犬協会所長
グレイスフルランドの理想と3つの約束
  1. 英国ブランドの血統
  2. 家庭犬として優れた両親犬
  3. 健康、良心的価格、アフターケア

犬舎からのお知らせ

  • 血統書お送りします♪ガーネット子犬2018年5月14日に生まれた、母犬ガーネット×父犬マナスルの子犬達の血統書を飼い主の皆様に発送いたしますのでご査収願います。
  • 馬場アリスちゃんのお手紙6♪鹿児島県の馬場様は、英国ラブラドールレトリバーの子犬を家族に迎えられました。馬場様は、子犬に「アリス」と名付け楽しく暮らしておられます。このたび馬場様からお写真...
  • ペット保険の比較資料を差し上げます♪最近グレイスフルランドから子犬を家族にお迎えになった皆さんからペット保険はどこが良いでしょうか?というご質問をよく受けます。近年、犬は飼育環境などの向上により長...
  • ガーネットの子犬♪みんな旅立2018年5月14日に産まれた、英国ラブラドールの母犬ガーネット×父犬マナスルの可愛い7頭の子犬たちは、この8月初旬にそれぞれが素敵なご縁を頂いて旅立ちました。