メニューホーム

ラブラドールレトリバーといっしょに暮らそう! - 子犬の分譲販売・交配:ブリーダー

Graceful landグレイスフルランド

池田ベンジャミンお手紙7

英国ラブラドールレトリバーのノエル母さんの子犬を家族に迎えられた長崎の池田様は、子犬を「Benjamin」と名付けられました。家族の一員として楽しく暮らしておられます。

池田ベンジャミン(英国ラブラドール・レトリバー子犬)

2015年6月22日生まれ
母犬ノエル 父犬ソロモン




桜井 昭生様 グレイスフルランドスタッフの皆さま


Benjaminが生まれて早いもので8カ月になりました。先月は去勢手術を受け術後の回復も順調で、1月下旬からはドッグトレーナーによる訓練を開始する予定でしたが、1月24日の大雪のためドッグトレーナーが来れなくなり1週間の延期となりました。雪が降った時私の家の庭にも10センチ以上の積雪があり、BenjaminとFrankを庭に出しました。

 

2匹とも初めての雪に大喜びで、雪まみれになりながら走り回っていました。走り回った後には、雪を食べ口の周りは雪で真っ白でした。Benjaminの訓練は私の左側をついて歩き、私が止まると座る、速歩、待て、伏せなどを行っています。家の中ではやんちゃですが、訓練の時は真剣に取り組んでくれます。

 

訓練は近くのグランドで行っていますが、グランドに行くまでの間に落ち葉が飛ぶと葉っぱに向かって走り、葉っぱを咥えようとしていましたが、最近ではあまり飛びつかなくなりました。しかし、知らない人が道端にいると近寄って行き集中が切れてしまします。

 

また、グランドで伏せをさせると地面の砂を食べる事が度々あり、今後の訓練が必要です。ドッグトレーナと私が話をしている時は、私の傍に座りじっと待つことができるようになってきました。

 

少しずつですが、訓練の成果が出てきているようです。9か月になった時は、もう少し成長したBenjaminのすがたを報告できるように訓練を頑張っていきたいと思います。写真は訓練を行っているグランドでのBenjaminの姿です。

 


池田 孝三







犬舎オーナー紹介

オーナー/桜井昭生桜井昭生

永年の盲導犬育成で築いた豊富な経験と知識を活かして、愛犬家の皆様に癒しを与えてくれる調和の取れたラブラドール・レトリバーの子犬をご紹介したいと考えこの度、英国ラブラドール・レトリバー専門のグレイスフルランド犬舎をオープンしました。

子犬の素質を活かすためラブラドールの子犬、またラブラドール以外の犬のしつけやトレーニングのご相談も承っています。グレイスフルランドはラブラドールファンの皆様と共に歩んでいただきたいと願っています。

桜井経歴紹介
  • 英国Midland Labrador Retriever Club会員
  • 桜井ドッグスクール代表
  • 九州補助犬協会 副理事長
  • 元盲導犬協会所長
グレイスフルランドの理想と3つの約束
  1. 英国ブランドの血統
  2. 家庭犬として優れた両親犬
  3. 健康、良心的価格、アフターケア

犬舎からのお知らせ

  • new大庭佐吉くんのお手紙4♪島根県の大庭様は、英国ラブラドールレトリバーの子犬を家族に迎えられました。大庭様は、子犬に「佐吉」と名付け楽しく暮らしておられます。このたび大庭様からお写真とお...
  • 《第3回》九州西日本グレイスフルランド犬舎祭を開催♪このたび九州中国地方在住の皆様との親睦のため『第3回九州グレイスフルランド犬舎祭』を開催する運びとなりました。飼い主様と愛犬の兄妹や親子の仲間たちと楽しい時間を...
  • 城石メルくんのお手紙4♪英国ラブラドールレトリバーのヨギー母さんの子犬を家族に迎えられた兵庫の城石様は、子犬を「Mer」と名付けられました。家族の一員として楽しく暮らしておられます。
  • 平成30年度福岡県動物取り扱い責任者研修会に出席しました♪第一種動物取扱業を営む者は、事業所・業種ごとに都道府県知事または政令市の長の登録を受けなければなりません。また、動物の管理の方法や飼養施設の規模や構造などの基準...